関取花の歌声が、稲敷市の風景に染みる

今日は音楽のご紹介。 関取花さんというシンガーソングライターの方です。
少し古風な雰囲気を持つその歌声が、稲敷市の穏やかな風景にマッチしていると私は考えます。
こちらの曲が収録されている、このアルバムを最初に聴き、ハマりました。
君によく似た人がいる
個人的にすごくオススメなのは、上に挙げたアルバムの9曲目のカッコーという曲です。
すごく渋い歌を歌う方だなと最初驚きまして、昔のオルタナ・フリーフォーク系の人なのかなと勝手に思っていたら、最近の方でダブルで衝撃を受けたという具合です。 カッコーも本当はここに貼りたいのですが、動画で見つからなかったので、ぜひご自身の耳で聴いてみてください。
小野川を下ってくる風に吹かれながら聴きたくなる一曲ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください