初夏の稲敷市で聴きたくなる10曲 – スカートのCALL

すっかり初夏ですね!
久しぶりにこの企画やっちゃいます!
稲敷グルメマップの音楽企画、最初の一曲は5月の日差しを浴びながらの散歩にすんごくこの一曲
スピッツやフジファブリック、くるりやサニーデイ・サービスが好きならハマると思います。
利根川沿いを散歩しながら聴いても、バッチリ合いそう!

冬から春の稲敷市の田園で聴きたくなる音楽 – Steve Reich

冬から春にかけては天気が変わりやすくなります。
稲敷市は開けた場所なので、空の移ろいがよく分かります。
そんな移ろいゆく天気を眺めながら、田園地帯を散歩しつつ聴きたくなる音楽を今日はご紹介。
最高のパフォーマンスを見せてくれます
Steve Reich, “Music for 18 Musicians” 
eighth blackbirdによるクオリティの高いパフォーマンスは、稲敷市の雄大な自然にもよく馴染みます。