Radiohead の MINIDISCS [HACKED] を聴いてみた感想 (MD111編) – その2

MINIDISCS [HACKED] – electioneering

おなじみの曲。ロックバンドのリハという感じ、荒々しい感じだが、コーラスの絡みなどはやはりRadioheadらしい美しさを感じる
一瞬音が途切れて、別の録音が入る。上書きで録音してしまったんだろうなという感じで、親しみを感じる。

MINIDISCS [HACKED] – lift (toronto)

OK Computer OKNOTOK 1997 2017 で正式にリリースされたLiftのライブバージョン。
OKNOTOKバージョンと比べると幾分アップテンポでバンドっぽさが出ているが、これがめちゃめちゃ良い!!
この曲の持つメロディーの良さが、ザ・ベンズの持つ 陰鬱としつつも爽やかな感じ のバンドサウンドにマッチしていて、名曲の輝きを放ちまくっている。
残念なのは一曲丸々収録されているわけではなく、途中でいきなり切れてしまうところ。
このあとにフルバージョンが控えていれば嬉しいのだが、、、これは実に最後まで聞きたかったところだ。

“Radiohead の MINIDISCS [HACKED] を聴いてみた感想 (MD111編) – その2” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください