冬から春の稲敷市の田園で聴きたくなる音楽 – Steve Reich

冬から春にかけては天気が変わりやすくなります。
稲敷市は開けた場所なので、空の移ろいがよく分かります。
そんな移ろいゆく天気を眺めながら、田園地帯を散歩しつつ聴きたくなる音楽を今日はご紹介。
最高のパフォーマンスを見せてくれます
Steve Reich, “Music for 18 Musicians” 
eighth blackbirdによるクオリティの高いパフォーマンスは、稲敷市の雄大な自然にもよく馴染みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください