初夏の稲敷市で聴きたい1曲 – 雄大さとミニマリズムの間で楽しむArvo Pärtの音楽

Arvo Pärtの音楽で稲敷の雄大な自然を感じる

今日ご紹介するのは、エストニア生まれの作曲家で、しばしばミニマリズムの楽派に属すると言われているアルヴォ・ペルトの1曲
ミニマルな構成ながらも、神聖な雰囲気に溢れたこの一曲は、稲敷市の雄大な自然にもマッチするはず。森の中を散歩しながら聴きたい1曲です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください