Radiohead の MINIDISCS [HACKED] を聴いてみた感想 (MD111編) – その4

こちらの続きです。

‘not for sale’

アンニュイな雰囲気を持った曲。
デモなのか、途中で終わってしまうけど、メロディーラインや裏で唸るクリーンなギターはいい感じ。

film

filmという名にピッタリの音の断片。
ちょっと箸休めとして、GOOD!!!

lift (san francisco)

再びlift。これはサンフランシスコでのライブのようだ。
割と音源版に忠実なアレンジで、盛り上がりそうな内容だ。
ライブ見れている人々の心地よくリズムに乗っている様が目に浮かぶ。
この曲の爽やかで激しいバンドサウンドと、曲のカラーを決定づけるシンセサウンドがこれまた良いのだよなー、と再認識させられる1曲です。

electioneering (san francisco)

これもサンフランシスコでのライブのようだ。
electioneeringの持つロックサウンドが完璧に鳴らしきられているこのライブは圧巻そうだ。ああ、生で見れた人は最高な気分になるに違いない。

i promise (la)

i promise のこれもライブバージョンだろうか。(la) というのがどこのことを指しているのかは分からないが、演奏前にニューソングとトムが喋っているのが聞こえる。
けだるくアンニュイなイントロから始まるこの曲も、やはり最高。
演奏していくに連れてバンドの一体感が感じられるアレンジになっていて、これぞライブの醍醐味って感じが良い。
ライブから話はそれるけど、この曲は夏の午後にレモネード片手に聴いたりしても、とても合いそうだなと思う。

“Radiohead の MINIDISCS [HACKED] を聴いてみた感想 (MD111編) – その4” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください